FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『深く諸(もろもろ)の邪見に入(い)りて、苦を以って苦を捨てんと欲す』
(妙法蓮華経「方便品第二」)

深く多くの間違った考えや見解に入り込み、苦の原因になるものを以って苦から逃れようとしている。


仏陀が私たち凡夫の苦しみや悩みの状態を述べた一節で、
人間の本質を的確に見抜いているお言葉です。
この一節の前には『盲瞑(もうみょう)にして見る所なし』
(愛欲のため盲目となって闇におおわれて何も見えない)
とも述べられています。
欲望のなかでもがき苦しんでいるうちは、
決して安らかな心は得られません。
一時解決したように思われても、また次の苦悩が現れます。

『その苦から逃れるためには、ただひたすら私にすがりなさい。私がその苦の連鎖を断ち切り、あなた達を救ってあげましょう。』
と仏陀は説かれています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。