FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『花は根にかえり、真味は土にとどまる』
(報恩抄)

師である「道善房」が亡くなられた際に大聖人が捧げられた文の一節です。今、自分がこうして法華経の教えを広めることができるのは師であるあなたの存在があったからこそです。あなたの功徳です。
と大聖人は記されています。


花はいつか散ってしまいますが、咲いている間に花が蓄えた養分は根となり土となり、新しい花を咲かせる元となります。
人の一生は無常ではかないものですが、命が尽きたからといって、それまでの人生がゼロになるわけではありません。必ず次の世代を育てる礎となっているのです。
先祖や先達から受け継いだ命と智恵と心に感謝し、それを次に伝えることは人間の大きな使命です。
自分は命と心のリレー走者だと考えれば、無駄な人生、無価値な命などないことがわかります。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。